simフリー買取業界NO1

simフリー端末を使ってできるようになること

iPhoneやGalaxyなどのスマートフォン市場がどんどんと拡大し、それに伴いsimフリーという言葉を耳にすることが多くなりました。「その端末simフリーなの?」「海外で買ってきたからコレsimフリーなんだ」などというようなものです。
そもそもsimというのは携帯電話の端末に挿入する小さなICカードのことを言います。simの中に通信会社の情報やその電話番号などの情報が入っており、そのカードを読み取ることで始めてその携帯電話端末がその番号の電話機として機能するのです。
つまり、同じ端末でも違うsimカードを挿入すると違う通信会社や番号で使うことができるということです。そのため、理論上は複数の端末を持ってその時の気分次第でsimの抜き差しさえすれば好きなものが使えるということです。
しかし、日本ではこのような使い方をするのに高いハードルがあります。それは日本で発売されている端末はsimロックというものがかかっているからです。これは先ほど説明したようにどの端末でも他のsimが使えるという機能を使えなくしてしまうロック機能です。
日本では通信会社と端末メーカーが協働して端末開発する歴史があり、その端末はその通信会社でのみ使われるようにコントロールする必要があったからです。それに比べて海外ではこの2者が分かれているので、端末メーカーは独自に端末だけを提供し、ユーザーが自分の使いたいsimを使いたい端末で使う、という方法が主流なのです。
最近では海外でこのようにsimロックがかかっていない端末の輸入や、各通信会社がsimロックを緩めていこうというような動きのもと、日本国内でも徐々にsimフリー端末のシェアが伸びてきました。
またiPadのようなタブレットタイプの端末も携帯電話と同じ電波を使ってweb通信できるということから、simフリーのタブレット端末と通話機能をなくしデータ通信に特化することで価格を抑えているsimカードを挿入して使うという方法も実現可能になってきています。