simフリー買取業界NO1

SIMフリー端末は海外利用でも威力を発揮する

SIMフリーというのは、モバイル端末(一部タブレット端末含む)にSIMロックがかかっていないもののことを言います。日本で発売されている端末は通信会社と端末会社の関係性の都合でSIMロックがかかっているものがほとんどです。逆に海外で販売されている端末の多くはこのSIMロックがかかっていないのでSIMカードの抜き差しさえ行えば、好みの通信会社を使ってその端末を使えるようになるのです。
この仕組みのメリットとして海外での利用費用をかなり抑えることができるようになります。現在日本の通信会社のサービスでそのままの番号を海外で使うことができるようなサービスがあります。これは日本で海外をつなぐにはとても便利なものですが、現地で現地の番号と連絡を取るには同じ国にいながら海外電話しているような状態になるので、通信コスとが 上がってしまいます。こういう時にSIMフリー端末を持っていると便利です。
それは現地のSIMカードを購入してSIMフリー端末に差し込むだけで現地の携帯電話として使えるからです。しかも多くの場合、海外ではプリペイド式での利用が可能で特に途上国などではかなり安く通信料を抑えることができます。
端末について言うと、同じ端末でも販売国によってSIMフリーかロックがかかっているかが違うので注意しなければなりません。例えば、iphoneやipadを海外で現地の通信会社を使って利用しようとしても日本で購入したものだとSIMフリーではないために現地のSIMカードを挿入しても動作しません。現在はプログラミングの書き換えなどで国内で買ったものをあとからSIMフリーにすることは理論上できますが規制がかけられていることですし、失敗すると再び使うことができなくなる可能性がるのでそういった類の方法はオススメしません。
安全なのは海外でSIMフリーの端末を買うことです。今はインターネット経由で輸入している代理店を使って入手したりすることもできますし、少々コストはかかりますが、国内にいながらSIMフリー端末を購入することができます。